vagrant

Vagrantのインストールから初期化まで

最近、お仕事でLinuxを扱う必要に迫られたので、サーバー構築のトレーニングを始めました。
これまでフロントまわりを担当することが多くて、サーバーまわりはあまり面白みを感じなかったのですが、フルスタックなエンジニアになるためには避けて通れない道です。
そこで練習用の環境を用意するため、今回はVagrantで仮想環境を構築し、CentOS7の各種設定をしてみることにします。

VirtualBoxをダウンロード・インストール

まずはVagrantを利用する上で仮想化ソフトが必要となるので、下記ダウンロードページからVirtualBoxをダウンロードし、インストールしておきます。
VirtualBoxダウンロードページ

Vagrantをダウンロード・インストール

次にVagrant本体を下記ページよりダウンロードし、インストールします。
Vagrantダウンロードページ

インストールが完了したらターミナルを起動し、vagrantコマンドが使えるか確認します。

vagrant -v

バージョン情報が返ってくればOKです。

boxファイルをインストール

boxファイルは仮想マシンのテンプレートとなり、今回はCentOS7のboxファイルをダウンロードします。
boxファイルは下記ページにOSごとに用意されており、自由に好きなOSテンプレートをダウンロードすることができます。
boxファイル配布ページ

Vagrantにboxファイルを追加する際は下記コマンドでbox名、配布ページに記載されているboxファイルのURLを入力します。

vagrant box add [boxName] [boxファイルURL]
vagrant box list

こちらのコマンドでboxファイルの一覧を取得し、インストールしたbox名が表示されればOKです。

Vagrantの初期化から仮想OSの起動まで

環境が整ったので、次に任意のディレクトリを作成しVagrantを初期化します。

		mkdir vagrant
		cd vagrant
		vagrant init [boxName]
		vagrant up

1行目:vagrantディレクトリを作成
2行目:vagrantディレクトリへ移動
3行目:Vagrantfileを作成(初期化)
4行目:仮想マシンを起動

ここまで、わずか数行のコマンドであっという間にOSが立ち上がります。
この後、仮想OSにSSH接続し開発環境を構築していくのですが、長くなるので続きは次回。